迫る追われる

スポンサーリンク

こんにちは。

未払い中の1社の支払期限が明日です。

残っているのはブランド品の小物類です。質屋さんで眠っているものを取り出せば、まだ多少は金策に悩まずに済んだはずなのですが、今現在、流質しないように、利息をお支払するのがやっとです…。

他3件様にも今週中にはお支払できるようにしなければ。遂に1社様からより先月レッドカードを戴いてしまいました。

それは私には珍しい、一括払いのみのクレジットカードです。

当たり前の処分です。

リボ払いから卒業を目指していますが、そのクレジットカードが無くても良いという事に気付きました。(毎度気付くまでとても時間がかかっていますが)

私には浪費癖がしみついているので、新しく買い物をするリスクがあり、目覚めてからはその一括払いクレジットカードのコントロールに苦労していました。

ブログ当初は、リボ払いカードを使用せずに、必要時は一括払いのカードでリボ払い残高を減らしていく計画でした。

現金 預金が無い為に、現金払いが出来なくて、できる範囲の工夫でした。

自分の浪費癖矯正が上手くコントロールできていると思っていても、油断大敵 矯正中の自分を信じては先日のような事を(ボールペン)たやすく実行します。自分にがっかりです。

一括払いで数万円を支払うのは、金策が上手くいっていたから出来た事です、持っているブランド品も残りわずかな現在は、一括払いへの変更も中止するしか方法がありません。

無意識な浪費を抑制できず、無駄な買い物で頭をかかえるのはうんざりなのです。すべて自分自身がしていることなのにです。

という事で、そのようなコントロール不可能なクレジットカードを持つ事のストレスも潜んでいたと感じています。現金がある方達のみが使えるクレジットカードだと私には思えるのです。

もちろんら他の使用しているクレジットカードもきちんとしている生活を送っている人が使えるものと痛感しています。

私の場合ですが、自転車操業、火の車での生活が長く、借金苦が長いと自分自身の借金苦の生活を受け入れてしまうというのでしょうか…長期戦に馴れるというか、借金が育ってしまう事に後々気付くが現金は手元に無い。

その借金の内容ですが、現在5割以上が、無駄な物になっています。せめてブランド物等金策として働いてくれるような価値のあるものだと良いのですが…。

太り、加齢、残債減らずブランド品を買える枠等なく、かつブランド品やファッション全般から興味がなくなっているはずなのに、無駄な物を買って喜んでいるのか不思議で仕方ありません。

自分の敵は自分です。

これからスカーフに働いてもらえるように行ってきます。反省しつつ望んでいる金額になりますように。

卒業したいです。

ご覧下さっている方がいらっしゃいましたら、ありがとうございます。

<a href=”https://blogmura.com/ranking/in?p_cid=11130554″ target=”_blank”><img src=”https://b.blogmura.com/88_31.gif” width=”88″ height=”31″ border=”0″ alt=”ブログランキング・にほんブログ村へ” />にほんブログ村</a>

 

借金
スポンサーリンク
とまとをフォローする
完済してスッキリする予定日記